医療用帽子を笑って被って抗がん剤治療する姿

抗がん剤治療の結果を笑い飛ばして医療用帽子を脱ぐ幸せ

11月
26

がん医療

Posted by twikoo.com under

がんの発見から緩和ケアまでの流れと、命をつなぐことの大切さ、とある本でも書いてましたが、がんは死と向き合い残すことができる病であると。これは一つのメッセージ性なのかなと思いましたが、がんと向き合う密接な関係になって知る一つの言葉であるとも思いました。
まず、レントゲンで黒い何かの発見時、少なからず衝撃を受けるだろうし、頭の中に浮かぶことはまず、がんかな?違うかったらいいなぁ、抗がん剤治療なんかな?手術なんかな??副作用で頭ぼろぼろやなぁ、医療用帽子を被る生活せなあかんのかなぁ。

オシャレな医療用帽子はあるんかな?

発見後、検査を重ねて、これはがんですねと告知されたとき。やはり頭の中に浮かぶのは、やっぱがんかー。手術かなぁ、抗がん剤かな?やっぱ副作用強いんかなぁ、医療用帽子つかうんかー。家族にはなんて言おう。ていうか、寿命は?余命告知はいつなん??家族ドラマみとけばよかった。

オシャレな医療帽子はあるんかな?

わりとまだ自分の現実とシチュエーションが図りきれてなく、こんな感じの軽い気持ちが強いのかもしれません。受け入れてないという見方もできますが。
そして手術を経て、再発転移になり、抗がん剤治療を受けることになり、自分の中でこれが抗がん剤!!これがあの、連続ドラマ御用達の!!!これから頑張るか。そろそろオシャレな医療用帽子売ってるか現実的に考えよう。
というふうに準備段階に入っていきます。それでも止まらない事から、放射線、重度な副作用で痛みを伴うことになり、自分の命をしっかり見据えて、やがて予後を考えるようになり、家族に残せることを考える。
この様な準備ができる病ではないでしょうか。

OUT LINK

胃がんに事なら|池袋がんクリニック
がん治療での脱毛でお悩みなら抗がん剤用の帽子を利用しましょう。安心して使用できるアイテムがたくさんあるのでぜひチェックしてみてくださいね。
膵臓がんで悩んでいるのなら専門のクリニックへ相談をしてください。最先端の治療を受けることが出来るので諦めない治療に専念することが出来るんです。

Comments are closed.